花物語Ⅱ

fairydoll2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:短歌(2006年)( 151 )

雪 2

それぞれの色が静かに眠りおり純白に帰す世界の下で


b0098408_2011073.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-30 20:02 | 短歌(2006年)

DOLLS

五年間作り続けたいくつもの人形達が我を見ている


b0098408_172466.jpg

b0098408_17323246.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-30 17:32 | 短歌(2006年)

時計

狂ひたる柱時計がいまもなほ動き続ける亡き祖父の家

狂ひたる柱時計よこれからは自分の好きな時間を刻め


b0098408_1719151.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-30 17:21 | 短歌(2006年)

純白の上を歩いてふりむけばうっすら黒い我の足跡

純白の世界に黒い足跡を残して歩む我であること


b0098408_17585595.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-29 18:00 | 短歌(2006年)

飛行機雲

今どこにサンタクロースはいると問う子にひとすじの雲を指差す


b0098408_20462084.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-25 20:47 | 短歌(2006年)

冬薔薇 2

咲くときは自分で決める ほんとうに咲きたいときに咲けばいいから


b0098408_2033694.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-25 20:34 | 短歌(2006年)

冬薔薇

いまもなお漂っている遠い日の夢の欠片が微かに光る


b0098408_2027394.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-25 20:29 | 短歌(2006年)

ポインセチア

燃え上がる炎のごとき鉢植えのポインセチアに両手をかざす


b0098408_20193371.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-25 20:19 | 短歌(2006年)

ビーズ

銀色のビーズをひとつずつ刺してクリスマスイヴの空を作ろう


b0098408_16524067.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-22 16:53 | 短歌(2006年)

帰り花

あの人が残していった微かなる痛みが消えぬことを望まん

寂しさを心の中に飼っている 吾だけでなくきっと誰でも


b0098408_15162716.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2006-12-22 15:17 | 短歌(2006年)
line

「花物語」に続き、短歌にデジタルカメラで撮影した画像を添えています。お気軽にコメント(感想、おしゃべり、返歌erc)をどうぞ。リンクはフリーです。^^


by f-doll2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31