花物語Ⅱ

fairydoll2.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

二月尽(じん)

薄紅の珊瑚に似たる梅の咲く側を魚のごとく過ぎゆく


b0098408_15192610.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-28 15:22 | 短歌(2007年)

言の葉の舟

この春も幾多の舟は浮かびおり海をめざして漕ぎ出すために


b0098408_9545917.jpg


題詠blog2007が明日から開催されます。
[PR]
by f-doll2 | 2007-02-28 09:58 | 短歌(2007年)

紅薔薇

香ることなく紅薔薇はいまだなおウェブの中に咲き続けている


b0098408_16365764.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-26 16:39 | 短歌(2007年)

春告草(はるつげぐさ)

咲き匂う梅林の中まっすぐに感謝を込めて君に告げよう


b0098408_20512813.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-23 20:56 | 短歌(2007年)

梅の異称

好文木(こうぶんぼく)、木の花(このはな)、花の兄、春告草(はるつげぐさ)、
匂草(においぐさ)、香散見草(かざみぐさ)、風待草(かぜまちぐさ)、香栄草(こうばえぐさ)
初名草(はつなぐさ)。
b0098408_14173543.jpg

そういえば万葉集なども、桜を詠んだものより梅を詠んだものの方が、はるかに多いとか。
花を見ただけでは桜などと区別がつきにくいけれど、幹がゴツゴツしているのが梅の特徴だそうです。
[PR]
by f-doll2 | 2007-02-22 14:20 | やまとことば

雪やなぎのつぼみ

花咲ける春三月の来たりなば君と歩もう陽のあたる道


b0098408_1132245.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-18 11:33 | 短歌(2007年)

野の花たち

踏まれたる野の花たちも春来れば咲かねばならぬものとしてあり


b0098408_11124222.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-18 11:14 | 短歌(2007年)

梅のつぼみ

ひとつずつ梅のつぼみが開くごと我の心は君へとひらく


b0098408_21265574.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-17 21:27 | 短歌(2007年)

早春

春立てば消ゆる氷の残りなく君が心は我に解けなむ   


(詠み人知らず・古今集より)
春が来ました。氷が解けてしまうように私に心を開いてください、の意味。

b0098408_1793682.jpg

[PR]
by f-doll2 | 2007-02-14 17:20 | やまとことば

Sweet Valentine

焼き上げたチョコレートケーキに雪のごとパウダーシュガーをふりかける午後


b0098408_1735444.jpg

作り方
[PR]
by f-doll2 | 2007-02-14 17:04 | 短歌(2007年)
line

「花物語」に続き、短歌にデジタルカメラで撮影した画像を添えています。お気軽にコメント(感想、おしゃべり、返歌erc)をどうぞ。リンクはフリーです。^^


by f-doll2
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー